5月7日金曜日



ゴールデンウィークがあったとは思えないほど、

アルペ進学塾の授業は、緊迫して、平常通りにもどっています。

中学生の中間テストがせまっています。いよいよ来週です。


特に、受験生のことを考えると、1回1回の授業がいかに貴重であるかを強く感じます。

1回お休みするだけでも、実質の授業内容だけでなく、「途切れない緊張感ある気持ち」を維持していくという面で大変だと思います。

継続すること」が大事なことだからです。


また、

「気持ち」のコントロールはとても大事です。

やる気がみなぎっている時期もあれば、モチベーションが下がっている時期もあります。

だれでも「常に絶好調」とはいきません。

大人も子供も同じです。


だからこそ、お預かりしているお子さんたちの、心のコンディションには、常に敏感でなければと思っています。


勉強から気持ち脱線していきそうな時、早く気が付けるかどうかが勝負だと思うのです。

勉強をしなくなるとき(どうでもよくなってしまうとき)、その気持ちが徐々に積み重なっていくのですが、どこかに「ことの始まり」があるはずです。


たとえば、「友達との喧嘩」のように学校での勉強以外の出来事が意欲低下の原因だったり、今回のような大型連休に大いに遊んだあと(遊ぶのは良いのですが)ゆるんだ気持ちのまま、以前のような緊張感を取り戻せずに時だけが過ぎてしまったり……。





実は、今日、ある受験コースの小学生のお子さんをしかりました。

ちょっと言い過ぎたかもしれません。

より充実した授業をしていくことが使命ですから、授業中にお説教するなんて、よっぽどのことがなければしないのですが、でも見逃せませんでした。



連休のために、今週の授業は2週間ぶりだったのですが、4科目の課題すべて、1つも取り組んでいないのです。

しかも、まったく反省の様子なし。危機感なし。

授業中も鉛筆を回して集中力なし……。



レッドカードです。

本人の弁では、「学校の宿題があったからできなかった」
「やった分はあったけど家にある」





「これからどうしていくか考えよう」


「……」


「受験勉強がいやになったてしまったの?」

「……」


「あんなにいきたかった○○中学という目標は、どうでもよくなってしまったの?」


「そういうわけではないですけど……いけたらいいとは思う」


「目の前のことから逃げていても仕方がないでしょ。
 何か目標を達成したいと思ったら、大変なのは当たり前。
 楽してなんでも手に入るわけじゃないよ。大変でもやらなくてはいけないこともある。
 勉強だけじゃないよ。スポーツでも音楽でも同じでしょ……。」




こんな具合に、話は続いていくのですが、話しながらとても残念な気持ちになるのです。

本来、能力はあるお子さんであるのに、「勉強の習慣」からどんどん遠ざかっていってしまうのが残念でなりません。やればできるのに。本人も「できるようになりたい」と望んでいるのに。なんとか上手に気持ちを運んでいかなくてはなりません。




中学受験することだけがすべてだとはまったく思いません。

いろいろな選択肢があります。

お子さんによって適性も違います。


中学受験はとても難しいものだと思います。

たくさんのエネルギーを費やさなければ、受験までたどり着くこともできませんから。

途中で方向転換することもあると思います。

でも、進路変更する前に、何かまだできることがある気がします。

もしも進路変更するならば、その時は、必ず、何か別の目標を見つけてください。

スポーツでも、音楽でも、英語の勉強でも、漢字検定でも、何かあると思います。

ただ、「大変だったからやめた」「いやになった」といって楽な方へ離れていかないでください。

ぜひ、有意義な時間をすごしてください。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


いよいよ日曜日は、6年生四谷大塚「組み分けテスト」

4月に準備してきた力を大いに発揮してくださいね!

「飛躍」できるテストであってほしいと思います。



勝者は夢をあきらめない

アルペ進学塾 睫






 5月5日

世の中は連休の最終日ですね。
今日も暑い日です。


連休中ですが、昨日から、アルペ進学塾は通常通り授業を実施しています。

でも、さすがに昨日は、ぼーっとしている生徒が多かったです……。

切り替えなくてはいけませんね!







中学生の中間テストがすぐそこです!

みなさん、準備は大丈夫ですか。

中高一貫校生も5月にテストを実施するところが少なくありませんし、
高校受験組は、通信簿をきっちり獲得していくために、1年のスタートでは確実に成功しなくてはなりません。

今日の夜は、中学3年生の「中間テスト対策プレテスト」を実施します。

今回は、中3の最重要なテストをひかえているので、プレテストを第1回から第3回まで実施します。一年間の通信簿を左右する、重要なデビュー戦ですから!
(今日が第3回目です)

だんだん中学生の意識も高まってきて(私たちも厳しい言葉をかけていますが)

このプレテストには、遅刻する生徒がいません。(過去2回の様子では)

いつもの授業よりも早く来るのです。(いつもは必ず誰かあわてて駆け込んでくるのですが…)

それだけ気持ちがひきしまってきたのかな。


思いは一つ。

あとから後悔してほしくない。

いまやるしかない!!!

チャンスを逃してはいけないのです。


中学生のみんな!

5月が勝負ですよ!

頑張ろう!


アルペ進学塾のスタッフ一同、燃えています!



5月5日

アルペ進学塾 高木

 4月24日

いよいよ4月も、残りあと1週間になりました。

4月中にやらなくてはならないことを悔いなくやり遂げましょう!


本日、4月に受験した中学生の模試「学力診断テスト」の結果が返ってきました。


本日、これを返却したら、みんな目が覚めるにではないでしょうか!




今回のテストは、新学年になって初めてのテスト。

前学年までの復習で構成されています。

これまでの定着度を確かめるには、まさに絶好の機会です!




今回から、都立難関高校(日比谷や国立高校など)を目指す生徒は「アドバンス模試」を受講し始めました。

これがなかなか難易度が高い問題が出題されます。

まさに、入試本番の問題の難易度を想定して作られています。

この模試で、偏差値65以上に安定してくれば、かなりの学力ですね。

今年の春、日比谷や国立高校に合格していった生徒たちも、この模試で力がついているのを

確かめながら前進していきました。






さて、中1〜中3までが受験した「学力診断テスト」。


今回は、なんと、中学1年生で、全国6027人中13位が出ました!


すばらしい!


模試の協会からメダルが届きました!おめでとう。


私立中学、都立中学、公立中学……と学校は様々ですから、学習進度も異なります。

だからこそ、学校の中だけに閉じこもらずに、外部の模試で力試しということは重要ですよね。

学習進度がとても早い学校に通っていても、実際は、木曽が定着しないままで、簡単な問題でもまったく得点できない生徒もいます。

逆に、公立中学内の定期テストは点数がとれるけれど、外部の模試となるとまったく対応できない生徒もいます。中学3年生の受験期になって、あわてることも少なくありません。



これから、学校生活もあわただしくなりますが、ぜひ、目標を持って過ごしていきましょう!

応援しています。


アルペ進学塾 高木

 
4月23日

いよいよ4月も終わりに近づいてきました。

4月は、新しい学年がはじまって、初めての経験も多く、緊張することの多かった1か月だったのではないでしょうか。

連休に調整をして、5月をひきしまった気持ちで迎えられるとよいですね。



さて、5月13日に「中間テスト」をひかえている武蔵野市立四中生。


(ちなみに三鷹市の四中も同じ日です)



先日、中間テストのプレテストを実施したのですが、英語も数学も社会もかなり厳しい結果でした。

学校で勉強してから、そのままにしてあるところが多いのか、定着していません。


昨日の授業で、「悪い点数」を返されて、ひきしまったのではないでしょうか。


さっそく、四中生の何人かが自習に来ています。



やるしかない!」のです。


ちょうど、日曜日にアルペ進学塾のチラシを発行するのですが、高校受験で見事に超難関校に
合格した今年の中学3年生のコメントものせています。ぜひご一読ください。

国立高校に合格した生徒も、日比谷高校に合格した生徒も、同じように言います。

とことん勉強できた!

最後まであきらめないでできた!

夢がかなった!


勉強ができない理由をさがしだしたら、誰でも、いくつもあげられると思います。

部活が忙しい。

家だと弟がうるさい。

家の手伝いをやらされる。

自分だけの勉強部屋がない。

学校の授業が分かりにくい。

何をやったらいいかわからない。

やる気が起きない……。

理由なんていくらでもあげられるのです。




でも、成功する生徒は、愚痴はいいません。言い訳をしません。

志が高いですから。

友達と同じことをやっていたら、友達と同じ結果しか出ない!

自分の意志を貫くしかないのです。


できる生徒は絶対やっています!

伸びている生徒は、それに気がついて、自分の道を歩みだした生徒です。



私たちも、毎回の授業で、かなり厳しこともいいますが、

「成功した喜び」は何物にもかえられないとわかっているから言い続けます。

やはり、生徒の「先生!やった〜!合格した」というはずんだ声を聞きたいですから。



目標もって頑張りましょう!

応援しています!

頑張れアルペ生!


勝者は夢をあきらめない!  アルペ進学塾 高木

 4月20日


あっという間に4月も下旬ですね。

新しい学年が始まって、フレッシュな気持ちでスタートしたと思いますが、

初心を忘れずに、自分の生活スタイルを維持できているでしょうか。



小学校、中学校の年間スケジュールを見ると、5月に入れば「中間テスト」がおこなわれます。

特に、アルペでもっとも塾生の人数が多い「武蔵野四中」のテストが5月13日14日。

あと3週間です。

みんな自覚はありますか〜!!

新しい学年がはじまって、まだ授業がそんなに進んでいない!と思っていても、テスト自体はどんどん近づいています。


気持ちをひきしめなくては!


特に、今年の中学3年生メンバーは、通信簿の点数アップが最優先課題なので、

今から準備を始めなくてはなりません。


スタッフ全員で、四中のテスト対策にむけての会議をしました。

スタートの1学期中間テストが重要なのは言うまでもありません。

なんとか成功させなくては!


4月21日(水)の夜、四中 中学3年生の中間テスト対策テスト 実施します。

真剣勝負!

絶対に成功させましょう。アルペ進学塾の私たちスタッフも気合十分です。

応援しています。


「勝者は夢をあきらめない」

アルペ進学塾 高木

 新学期が始まって、そろそろ本格的に授業も始まったのではないでしょうか。



フレッシュな中学1年生、高校1年生のみんなは元気かな。それぞれのスタートが順調で、希望に満ち溢れたものであればよいと思っています。



昨日、4年前にアルペ進学塾で中学受験を経験した男の子から、ハガキをいただきました。

(卒業した生徒からの近況報告はとてもうれしいものです。)



彼は、複数校合格した中学の中から、あえて、一番遠い学校を選びました。

運動部に入部し、長い通学距離をもう3年間通っています。

年賀状をいただくので、部活や勉強を頑張っていることは知っていました。



とてもきれいで丁寧な字で、

「……先生、この学校の先生方は本当に熱心ですし、良い友達にも恵まれています。

 毎日とても充実しています。

 ぼくは、本当にこの学校に来てよかったと思っています……」


というような内容のお手紙をもらうと、本当にうれしくなります。



第一志望ではなかった学校でした。

第一志望以外に合格したいくつかの中学校の中から、彼がこの学校を選択したのは、正直、やや意外でした。

でも、素晴らしい学校生活をおくっている様子をうかがうと、本当にうれしくなりますし、

あの時の彼の選択は良かったのだなあ、と改めて思います。


もちろん、評判の良い素晴らしい学校であることは事実ですが、

彼が、中学校に入学後、きっと努力したのでしょう。

自分の努力によって、素晴らしい学校生活を勝ち取ったのだと思います。



受験校を選ぶのは、大きな選択です。特に、第一志望は決まっても、併願校を決めるのが難しい。


でも、本当に自分が充実した学校生活を送れる選択をしてほしいとおもいます。

悔いのない受験をして、手に入れてほしいと思います。


次の受験は8ヶ月後!

長いと思っていても、あっという間です。


悔いのない受験生活をおくりましょう!


「勝者は夢をあきらめない」

アルペ進学塾 高木


 4月11日

本日は、アルペの授業はありませんが、

6年生の模試です。

四谷大塚「合不合判定テスト」。

年6回実施される四谷の受験模試の第1回目です。


みんな、手ごたえはどうだったかな?

みんなの報告を聞くのが楽しみです。


春期講座中からこのテストを意識して取り組んできました。

時間配分、問題を解く順番、目標点。

それぞれを明確にして臨むことが、すべて入試の本番につながります。


今の時期は、いちはやく「6年生としての精神力」をつくっていくことが重要です。

受験まで、実質的には、あと8カ月しかありません。

でも、その期間中がどれくらいあわただしくすぎていくものなのか、感じられる6年生は少ないと思います。無理もありません。


だからこそ、こういった模試は重要。

1回1回の模試に対して、上手に気持ちを作っていかなくてはなりません。


送り側の保護者の方も、ただ模試の日になったから模試にでかけていくのではなくて、

親子でテーマを決めて、目標達成に向けて頑張れる気持をつくってください!


1学期のスタートであるこの4月を大事に過ごしていきたいと思います。


みんな、頑張ろう!


4月11日 アルペ進学塾 高木


 
4月3日で春期講座が終了しました。

お疲れ様でした。



今年の春期講座は、例年以上に充実した講座だったと思います。

2月から初めて受験勉強を始めた5年生たちは、2月3月でできなかった勉強のフォローを

行いました。特に理解不十分のまま過ぎてしまった算数。

もう一度、第1回の授業からやり直しました。

初めての受験勉強を経験した新5年生たちは、毎回の宿題を仕上げることがまず難関だと思います。


これまでの生活スタイルと全く違うわけですから当然です。

だからこそ、こういった学校が休みの期間に、理解できていないままにすすんでしまったところを、一つでも二つでも補う必要があるのです。

また、これまではゆっくり謳歌できていた学校の休み期間も、自分の目標達成のためには勉強の時間に費やすしていくという、頭の切り替えをする目的があります。

新5年生お疲れ様。

いよいよ4月。ここから、受験コースの授業のペースは上がっていきますが、基礎を大切にして頑張りましょうね!





また、新6年生、新中3生は、受験生として、長時間集中できる精神力をつけることと、これまでの学年の復習を始めるということにおいて、第一歩を踏み出せたと思います。



いよいよ学校での一学期スタート。

忙しくなりますが、気持ちを強く持って過ごしてほしいと思います。


「勝者は夢をあきらめない!」

2010年4月6日 

アルペ進学塾 塾長たかぎ

 
3月1日は都立高校合格発表でした。



今年も、アルペ中学3年生大健闘です!


日比谷高校合格 国立高校合格!


 おめでとう!


よく頑張りました。

今年の中学3年生は、難関レベルを目指すメンバーの集まりでした。



でも、今日までずっと順調だったわけではありません。

内申点、難関レベルの数学、過去問の時間配分……

さまざまな困難があるなか、一つ一つ課題をクリアして、今日に至りました。

本当にお疲れ様でした。

私たち、アルペの教師にとって、一人一人のこれまでの道のりは、忘れられない思い出で

す。



合格した生徒のお母さまからこのようなお手紙をいただきました。

「〜中学入学後から部活やそろばんなどの両立で忙しい毎日でしたが、いつもいつも温かく

 見守ってくださって、小人数のアルペだったからこそ、今までやってこられたのだと思い

 ます。ありがとうございました。〜」



うれしいです。


今までバックアップしてくださった保護者の方にも、心からお礼を申し上げます。

お疲れ様でした。





さきほど、新中学3年生の授業で、先輩たちの合格を伝え、あと1年頑張っていこう!という

お話をしました。また今年の中学3年生たちも、アルペの先輩たちに続いて活躍してくれると

思います!

次の入試に向けて全力で走り出したいと思います!


「勝者は夢をあきらめない!」


アルペ進学塾 塾長 高木




 
2010年1月31日



いよいよ中学入試本番!

さきほど、明日から受験が始まる6年生チームが帰っていきました。

最後に、都立中学受験にむけて勉強しに来ていた6年生も一緒に、

保護者の方が差し入れてくださった「しあわせのたいやき」をいただきました。

数年間一緒に勉強してきたメンバーが、中には6年間アルペに通って勉強してくれたお子さんががいよいよ受験です。

感慨深いとともに、気持ちがひきしまります。


とにかく全力を出し切ってきてください。

強い気持ちで臨んでください!


明日もアルペで待機します。

朗報をお待ちしています。


「勝者は夢をあきらめない!」

          アルペ進学塾 




Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

アルペ進学塾公式ホームページ

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM