一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.06.15 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

 3月9日

先日、高校受験を終えた生徒たち対象の「高校準備講座」が始まりました。

約2週間ぶりの授業でした。

中3生たちは、受験の後、ゆっくり休めたからか、逆に、意欲満々で来てくれました。

今回の授業のコンセプトは、「大学受験に通用する勉強力を身につけること」です。


英語や数学を単元ごと予習する、という単純なものではありません。

もっと体系的に、3年後の大学受験を目指してスタートしていきます。


,泙困蓮⊂来や大学に向けてのビジョンを持つこと!

具体的な勉強方法がわかること!

今、やるべきことが明確になること!

ぜ験に通用する英語の基礎・数学の基礎を身に着つけること!


以上の4点です。

また、時事問題・政治・経済・科学など、社会に向けて、強い関心をもつ人たちになってほしいと考えています。

だから、授業内で教師がたくさん語っていきます。

知的好奇心の強い、ユニークな高校生になってほしいです。


まだまだ人生はこれから。

楽しく充実した高校生活をスタートさせてください。

私たちもお手伝いするのが楽しみです。


2013年3月9日
勝者は夢をあきらめない!

塾長 高木恭子

いつもご購読ありがとうございます!

センター試験まであと100日になりました!
早いものですね。カウントダウンも2ケタになると本当にあっという間です。
「あと50日」という日もそう遠くない!
緊張しますね!

毎晩アルペではスタッフのミーティングをを行います。
そこでは、その日の生徒のみなさん一人一人の取り組みの様子を話し合います。
宿題はやってきたか、集中力はあったか、問題はきちんと解けていたのか……などがテーマです。

最近、話題によくあがることですが、勉強で成果がなかなか出しきれていないメンバーの共通の問題点「作業スピードの遅さ」についての問題です。

一様にしてみんな「ゆっくり」。
「ていねい」ではなくて「ゆっくり」です。

よくテレビで放送される、ハイレベルの生徒たちの勉強風景には、教師のスタートの合図に問題用紙をめくるわずか1秒未満の時間さえも競い合って行うシーンがありますよね。

あれは大事。

まず「気持ち」が大事です。

そのぐらいの緊迫感を持たなくてはなりません。
ロスタイムがないようにしなくてはなりません。
一問でも多く正解を導きだすという執着心が必要です。

でも「のんびりさん」たちにはなかなか伝わらない!

「ぼくはスピードが足りないなあ」とのんびりいっていてはいけません。

日常のすべてにおいて工夫することが必要です。
たとえば、学校の持ち物を用意するとき。なにからやればミスなく手際よくできるか!
宿題をやるとき。
優先順位は何か。

考えなくてはならないのです。

アルペのメンバーの中にも心配される子が何人もいます。
だんだん学年が上がってくると、勉強の難易度やボリュームも増えてきます。
だから低学年の時から、習慣をつけていかなくてはならないのです。
とっても重要なことです。

小学生が四谷大塚のテストのときに「時間が足りなかった〜」というと「じゃあ、今度は早くやろうね!」と声をかける。……こんなシンプルことではだめです。根は深いのです。字を書くスピード、余白の使いから、読解の速度……など、常に考えていきましょう!

受験まであと100日!
頑張りましょう!

「勝者は夢をきらめない!」……アルぺ進学塾

こんにちは!
今日はお知らせがあります。

実は、アルペでも外部の高校生の募集を始めました。
以下は、高校1・2年生のお母さんに読んでいただきたいお話です。

【高校生のお母さんの悩み】
あなたのお子さんは大丈夫ですか?ぜひ、チェックしてみてください!

1.高校に入学したら、以前のような勉強はしなくなってしまった。
2.部活が終わる時間が遅く、自宅での勉強時間は1時間に満たない。
3.今回のテストの成績は、はっきり言って悪かった。
4.いつもケータイばかりいじっている。
5.年上の兄弟と同じパターンになりつつある。
6.ダラダラしていて夜型の生活になり、学校にも遅刻することが多い。
7.バイトが週に3日以上ある。
8.何をやっても長続きしないが、口答えは一人前。
9.(親が)子供に「勉強しなさい」という機会が減った。
10.大学のことなど、「全く」考えていない。

さて、いかがだったでしょうか。チェックが3つ以上ある方は要注意です。
なぜなら、この問題が解決される可能性はかなり低いのです。(コレは本当です!)

実は、このチェック項目は、第一志望校に合格できなかった受験生に共通する「高1・2年生の時の後悔していること」なんです。ということは、もしお子さんに当てはまることが多いなら、やはり同じような結末を迎える可能性が高いのです。しかし、なぜ、これほどまでに大学受験に対する意識が低いのでしょうか。

続きを読む




※まだ完成していなかったらごめんなさい!

5月22日

今日は高校3年生の英語の授業。

上智大学の英文。

1年生の時から少しずつ積み上げてきた学力が、

最近かなり伸びてきました。

英語担当の富所が喜んでいます。

今日の高3英語では、上智の英語が8割の完成度だったそうで、

高3のこの時期の現役生の出来具合としては、すばらしいです。

二人とも、昔から英語が抜群に得意だったわけではありません。

ただ問題集をやるのではなくて、入試をふまえた、逆算した勉強を

積み重ねた結果です。

高3生は、素直によく頑張っています。

今年アルペは開講4年目です。

初年度中3だったメンバーが今年、高3です。

感慨深いです。とても大切なメンバーです。

今年、悔いなく第一志望に「現役合格」させます!


頑張れ高校3年生!!

夏期講座も頑張ろう。


高木

本日は、新高校2年生の面談でした。アルペの高校部門はまさに「少数精鋭主義」です。指導科目は英語・数学・化学・物理ですが、そのほかの科目の問題集選びから進路の選定モチベーション管理までこだわっています。さて、今回の面談の生徒は、都立中堅高校に通う新高校2年生。中3の時の学力は、偏差値45〜50でした。ところがところが高校入学後に、彼は目覚めたのです。アルペの厳しい課題を乗り越え、いまや目指すは「東大」という勢いで勉強をしているのです。ロスのない勉強を提供するのがアルペ教師陣の役割です。彼は2ヶ月前の[代々木ゼミナール]の模試でなんと、全国偏差値70を超えました。先日の「駿台」では、数学の偏差値65。すばらしい!「勉強を楽しんでいる!」とはまさにかれのこと。高校がトップ高校だから難関大学に入れるわけではありません。大学入試はまさに個人の戦いです。アルペの教師も一人一人と一緒に同じ夢を追いかけて、すばらしいゴールにむかって前進中です。夢をもつことが最初の1歩ですね!

1

PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

アルペ進学塾公式ホームページ

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM